相談と心理カウンセリングはどのように違うのか|岐阜【ココペリ】で心理カウンセリングお悩み相談をしてみませんか。

相談と心理カウンセリングはどのように違うのか

  • ホーム
  • >
  • 相談と心理カウンセリングはどのように違うのか

人は何かしら悩みやストレスを抱えながら生きています。しかし、悩みやストレスが深くなると深刻な心の病にかかってしまい、体の健康を蝕んでしまうことがあります。悩みやストレスを少しでも軽くしようとするために、誰かに悩み相談をしたり、心理カウンセリングを受けたりする方もいらっしゃいます。相談と心理カウンセリングは話をするという点では一緒ですが、この2つは異なったものです。そこで、相談と心理カウンセリングの違いについてお伝えします。

相談とはどんな意味?

問題の解決のために話し合う、相手の意見を聞いたりすることです。相談をもちかけられた相手は、自分の経験や知識のなかから、アドバイスをすることがほとんどです。そのため、行動しようとしていることや考えていることを、批判されているように感じることがあるかもしれません。相談によって得られる答えは、相手の経験や知識からのものであり、必ずしも自分にあてはまることではないことを、認識する必要があります。

心理カウンセリングについて

心理カウンセリングでは、心理カウンセラーが傾聴して相手を理解します。相手を理解したうえで、話し手が自分自身に対する理解を深めるようサポートします。そうすることで、悩みやストレスの原因をご自身で気付き、これからどのような行動をすべきかを決心するでしょう。つまり、心理カウンセリングは相手のなかにある答えを引き出すことを目的として行われます。

相談と心理カウンセリングは以上のような違いがあります。ご自身に必要なものを見極めて利用することをおすすめします。もし、心理カウンセリングが必要だと感じた方は、KOKOPELLI -ココペリ-をご利用下さい。

0581-32-9081

Information

ココペリ
〒501-2101
岐阜県山県市大桑3341
Access map >>
営業時間
9:30~18:00 ※時間外応相談
水曜日定休
心理カウンセリングを受けてみませんか。ストレスや悩み相談・・・丁寧にお話しをお伺いします。
岐阜近郊にお住まいでしたら出張も可能ですのでお気軽にご相談ください。

出張対応エリア(東海3県)

090-7953-0111

※東海3県以外の方は一度ご相談ください。

PAGE TOP